今週のVIXショート戦略 〜プットレシオスプレッド(#5)

前回のVIXショート戦略


前回のVIXショート戦略は、9/29、VXXの株価が$39.9の時に、VXXのPut 40.5買いとPut 39.0売り(1:3の比率)でレシオスプレッドを組みました。SQは10/6でしたが、VXXがPut売り権利行使価格の39.0を下回ってきたため、一旦ポジションを解消して、少し外側でレシオスプレッドを組み直しました。ポジション解消時の状況は下表のとおりです。

銘柄VXXオプション
06Oct17 40.5Put買い
VXXオプション
06Oct17 39.0Put売り
合計
比率1-3
購入価格(9/29)-1.46+0.50(x3)+0.04
決済価格(10/3)+2.41-1.17(x3)-1.10
損益+0.95-2.01-1.06
備考VXX価格
9/29 (Open) : 39.90→ 10/3(Open) : 38.05

ポジション調整


調整後のポジションは、同じSQ日(10/6)のPut 38.5買いとPut 37.5売り(1:5の比率)でレシオスプレッドとしました。SQ日のVXX価格(初値)は$37.24と、いいところに着地しているにも関わらず、このポジションはマイナスの結果に終わりました。

銘柄VXXオプション
06Oct17 38.5Put買い
VXXオプション
06Oct17 37.5Put売り
合計
比率1-5
購入価格(10/3)-0.78+0.26(x5)+0.52
決済価格(10/6)+1.28-0.36(x1)
-0.37(x2)
-0.40(x2)
-0.62
損益+0.50-0.60-0.10
備考VXX価格
10/3 (Open) : 38.05→ 10/3(Open) : 37.24

全然ポジション調整になってないですね。何が悪かったのか?売りポジションだけを外に逃がすのが良かったのか?VXXオプションは、PM-Settled(終値でSQ値が決まる)なので、米国の15:00(日本時間で土曜日の朝5:00)直前位に決済した方が良かったのか?まだまだ研究の余地はありそうです。

今回のVIXショート戦略

今回は10/6、VXXの株価が$37.24の時に、VXXのPut 37.0買いとPut 36.0売り(1:3の比率)でレシオスプレッドを組みました。今週(10/13)がSQのウィークリーオプションです。昨日(10/11)の終値が時点でVXXの株価は、$36.27です。このあたりでSQを迎えてほしいところです。

VXXオプションによるVIXショート戦略

もうこれで5週連続、買い1、売り3のputレシオスプレッドを仕掛けています。過去最高値を更新し続けて絶好調の米国市場の状況もあり、VXXの減価が予想以上に早くて、ポジション調整を余儀なくされることが多いですが、この戦略がどこまで有効なのか、もう少し長い目で検証していこうと思っています。ダメそうなら単純なPut買い、またはPutデビットスプレッドあたりへ方針転換ですね。

米国の証券オプションを中心にトレードする個人投資家です。
金額は小さくても毎月安定的な収益を得る手法を追求しています。
VIX指数関連のオプションやビットコインなどの仮想通貨オプションにも注目しています。

※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です